デザイナーのささやき第21弾 | WAKO BRIDAL
デザイナーのささやき第21弾|WAKOスタッフの日常 | 広島で結婚指輪・婚約指輪を探すなら和光ブライダル

広島市本通駅から徒歩3

0120-056-566

メニューを開く
ページの先頭に戻る
BlogWAKOスタッフの日常

2013-09-27

スタッフの日常

デザイナーのささやき第21弾

?

?

?

?

?

?

?

今月頭にリニューアルしたホームページは、

もうご覧になりましたか?Wink

今回は、同一デザインのリングで

ダイヤモンドのカラット数が大きくなっていくと

身につけた時の印象がどのように違うか

実際に写真でご紹介いたしますSmile

リングデザインは、

センターに置くダイヤモンドの大きさがより分かりやすい

ソリテアタイプを選びました。

<純>いざなう瞳

センターに宝石をひとつ置いたもので

エンゲージリングの代表的なデザインです。

流行に影響されないシンプルさが人気の秘密です。

エンゲージリングのセンターストーンは、

一般的に0.2ct前後を選ばれる方が多いと言われています。

データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」より

今回はその0.2ctから1.0ctまでを

同じスタッフ(20代・リングサイズ9号)につけてもらいました。



<左から>0.2ct  0.3ct  0.4ct

0.2ct0.4ctです。いかがでしょうか??

ダイヤモンドの大きさは指とのバランスだけでなく、

手全体でのバランスで見てください。


<左から>0.5ct  0.7ct  1.0ct

こちらは0.5ct1.0ctです。

0.2前後を見られていらっしゃる方が
大きいと言われるカラット数ですが、
いかがでしょう?

このように客観的に見比べることで

「今」を装うファッションリングと違い、

時を重ねて、10年、20年、30年と

年齢をまとってゆくのが、エンゲージリングです。

身につける年月だけ、

ダイヤモンドの本質が浮き彫りになっていく指輪なのです。

下の画像は、同一リングを

20代と40代のスタッフが身につけてみたものです。


↑20代


↑40代

ご婚約当時、可愛い0.2ct前後のカラット数を選ばれた方も
10年後20年後に年齢に見合ったカラット数を
探しに来られることが多いです。

親子三世代に渡るお客様がお越しいただく
当店だからこそ、数多くのご相談を受けております。

一生もののエンゲージリングだからこそ、
様々な視点で選びたいですね

 

  • 来店予約 リンクバナー来店予約 リンクバナー
  • 店舗アクセス リンクバナー店舗アクセス リンクバナー
  • メールお問い合わせ リンクバナーメールお問い合わせ リンクバナー
ページの先頭に戻る