2月の誕生石:『アメジスト』 | WAKO BRIDAL
2月の誕生石:『アメジスト』|WAKOスタッフの日常 | 広島で結婚指輪・婚約指輪を探すなら和光ブライダル

広島市本通駅から徒歩3

0120-056-566

メニューを開く
ページの先頭に戻る
BlogWAKOスタッフの日常

2016-02-12

スタッフの日常

2月の誕生石:『アメジスト』

もうすぐバレンタインですね(*´ω`*)

大好きな方お友達へ、お世話になってる方へ贈るのはもちろん、
最近では『自分へのご褒美』にチョコレートを買うのも
定番になりつつあるのではないでしょうか?

食べるのももったいないくらい、かわいいチョコレートを
見るとついつい欲しくなるのは、私だけはないはず…(´艸`*)

みなさん、よいバレンタインをお過ごしください☆

この間のお休みは、山口県の秋芳洞へ行ってきました♪


水の流れが穏やかなところでは、
水面に鍾乳石が映って、不思議な光景でした☆


みなさんご存じの百枚皿(/・ω・)/
実際にはお皿が百枚以上あるとか…☆


跪いて祈っているような鍾乳石と、その影。
自然が作り上げた芸術品とは、まさにこの事(*´ω`*)

小学校の修学旅行以来に行ったのですが、
「人の力じゃ絶対この雰囲気は出せないなぁ」と
自然の底力を感じました(*‘∀‘)(笑)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回のテーマは2月の誕生石:『アメジスト』について♪
アメジストの持つ宝石言葉は『真実の愛、誠実』。

上品な紫が美しい宝石です。

アメジストにまつわる、ギリシャ神話があったのでご紹介♪

アメジストの語源にもなったのが、
これから紹介する少女『アメシスト』。

あるところ、機嫌の悪い酒の神・バッカスは憂さ晴らしに
「最初に出会った者をペットの虎と戦わせよう」と考えていました。

そこに、月の女神ダイアナの神殿へ
向かう途中のアメシストが通りがかりました。

アメシストの身の危険に勘づいたダイアナは、
間一髪のところでアメシストを水晶にして守りました

水晶になったアメシストを見て、バッカスは自分の軽率な考えに
ひどく罪深さを感じ、
手にしていた葡萄酒を水晶に注ぎました。
すると水晶は美しい紫の宝石になりました、というお話です。

アメジストの語源の由来は、「お酒に酔わない」というギリシャ語から来るので
この言い伝えとの関係性が深いようです。

大きすぎてびっくりなアメジストをご紹介☆

世界最大の”アメジストの晶洞石”が存在します|д゚)


そもそも”晶洞石”とは…堆積岩や石灰岩などの中に空洞ができ、
その内部に別の鉱物が集合したもの。

その世界最大の”アメジストの晶洞石”がこちら♪

なんと高さ3.27m、重さは2.5トンもあります|д゚)|д゚)|д゚)
その大きさから【ウルグアイの女帝】と呼ばれるそうな…(´艸`*)(笑)


内部はこのように、星空のようにキラキラと輝いてるので、
ずっと眺めていたくなる美しさ(*´Д`)

ウルグアイで発掘されたあと、オーストラリア・アサートンにある
クリスタルの洞窟に運ばれました☆

その洞窟の前には、ファンキーな車が停まっているので
コチラもある意味名物らしいです☆
(クリスタルで装飾されたこちらの車、ディスプレイ用かと思いきや、
実際に現役で走ってるらしいですSurprised)


一般の方でも入れる洞窟なので、
旅行された際にぜひその大きさを

間近で見るのも楽しいのではないでしょうか(*^^*)

それではまた次回(/・ω・)/

  • 来店予約 リンクバナー来店予約 リンクバナー
  • 店舗アクセス リンクバナー店舗アクセス リンクバナー
  • メールお問い合わせ リンクバナーメールお問い合わせ リンクバナー
ページの先頭に戻る