エンゲージリングとマリッジリング。あなたはプラチナ派?ゴールド派? | 婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報 | 広島で結婚指輪・婚約指輪を探すなら和光ブライダル

広島市本通駅から徒歩3分!

0120-056-566

メニューを開く
ページの先頭に戻る

WAKO Special Contents婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報

婚約指輪&結婚指輪

357 View

エンゲージリングとマリッジリング。あなたはプラチナ派?ゴールド派?

 

 

広島で婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)を選ぶ時にデザインや石の大きさばかりに目がいきがちですが、プラチナやゴールド、ピンクゴールドなど素材が違うだけで雰囲気はガラッと変わります。

 

そこで今回は指輪一般的な素材から最近登場した新素材までそれぞれの特徴をご紹介します。

 

毎日付けるものなので素材も考えてふたりにぴったりな指輪を探してみましょう。

 

また、金属アレルギーについても少し調べてみましたので、アレルギーの心配がある方も是非ご覧ください。

 

 

 

【定番はプラチナとゴールド】

 

長く愛用する婚約指輪と結婚指輪の素材はプラチナはプラチナが定番でもっともおすすめ!

 

◆ 圧倒的に人気のプラチナ。

プラチナは品質が安定しているので、一番多く使われ不動の人気を誇っています。

 

酸やアルカリ、水銀にも反応せず、熱に強いのが特徴です。

 

さらに、やわらかいので細工がしやすいためデザインがバラエティ豊富で、サイズ直しもできます(ただし、デザインによっては難しい場合もあり)。

 

 

 

プラチナは「Pt900」「Pt950」と表示され、数字が大きいほど純度が高くなります。

 

「Pt900」と表示されているのものは、プラチナが90%の割合で含まれていることを示しています。

 

純度が高い方と柔らかく歪みが起きやすかったり、傷つきやす傾向があるので、「Pt900」もしくは「Pt950」にして、10%ほどプラチナと相性のよいバラジウムやイジリウムを混ぜて強度を高めて使われることが多いようです。

 

また酸化することもなく、ダイヤモンドなど人気の宝石にも相性がよく、細工しやすい点などが、長年のプラチナ人気の理由にあるのかもしれません。

 

年月を経ても劣化しにくいところも、婚約指輪と結婚指輪にふさわしい素材といえます。

 

 

 

※こちらの記事もよく読まれております。

(クリックで記事が開きます)

広島の婚約指輪・結婚指輪の価格や相場について。【いつでも割引?広島の価格事情】

 

 

【ゴールド】

 

 

 

プラチナの次に人気の素材です。

 

ゴールドはプラチナに比べて生産量が多いのでその分、求めやすい価格であることも魅力でしたが、近年は金が値上がりしており、プラチナとの価格差がなくなってきております。

 

また、プラチナに比べるとイエローゴールドやピンクゴールドなどは目立ちますので派手なものが苦手な方や、飽きなどが心配な方は、やはり長年愛用できるプラチナを選んでおいた方が良いでしょう。

 

 

そして、ゴールドはプラチナと同じように、性質は純度によって異なります。

 

「14K」や「18K」という表示を目にした方も多いと思いますが、「14K」は金含有率58%で「18K」は金含有率75%ものです。

 

純金「24k」はやわらかい素材で傷つきやすいので、ジュエリーに用いられることはほとんどないようです。

 

 

またゴールドはカラーバリエーションが多く、選ぶ楽しさがあります。

 

 

 

・プラチナのような白銀色のホワイトゴールド(銀やパラジウム等を加えたもの)

 

・一般的にイメージする黄金色のイエローゴールド(銀や銅を加えたもの)

 

・愛らしい色合いのピンクゴールド(銅を多く加えたもの)

 

・扱う店が少なく、珍しいブラックゴールド(プラチナや銀等を加えたもの)

 

 

 

カラーゴールドは金に混ぜる素材の割合によって異なります。

 

肌のなじみ具合を見ながら選ぶといいですね。

 

ゴールドは古代エジプトでは、太陽の象徴として崇められたという歴史ある素材で全世界でもっとも流通している貴金属でもあります。

 

 

 

 

◆ コンビネーション

 

 

プラチナもゴールド、どちらも捨てがたくて決められない!

 

そんな人にはコンビネーションリングがおすすめ。

 

プラチナとゴールドなど2種類以上の素材を使った指輪をいいます。

 

 

それぞれの素材を混ぜ合わせるのではなく、プラチナ部分とゴールド部分をデザインとして組み合わせるので、単一のものより華やかな印象になります。

 

ただ、注意しておきたいのは、プラチナとゴールドはそれぞれ熱の膨張率が異なるので、将来サイズが変わっても直すのは難しいケースもあります。

 

事前に確認しておきましょう。

 

 

 

 

【金属アレルギーとは】

 

金属アレルギーは体質に関係なく、誰にでも突然起こる可能性があるといわれていますが、必要以上に不安になる必要はありません。

まずは簡単にメカニズムを知っておきましょう。

 

 

アレルギーが起こる原因は…

 

皮膚から出る汗などで金属が溶け出し金属イオンが作り出され、これが皮膚を通して体に入りアレルギーを引き起こします。

 

症状はかゆみや発疹、水疱などのかぶれが多いようです。

 

金属アレルギーはさまざまな要因が絡み発症するので、発生のしやすさや症状は個人によって大きく異なります。

 

どの金属であってもアレルギーの症状が出る可能性があり、不安な人は事前に確かめておきましょう。

 

 

どの金属に反応するのか、パッチテストで検査することができます。

 

検査は、皮膚科のあるクリニックや病院で受けることができ、アレルギーの疑いのある材料を付けたシールを背中や腕に貼って検査をします。

 

自分がどんな金属に反応するのか、知っておけば安心ですね。

 

 

 

◆ 比較的引き起こしにくい素材

 

汗に金属が溶け出して金属イオンとなることがアレルギーの原因なら溶け出しにくい金属を選びましょう。

 

プラチナやゴールドは金属アレルギーを起しにくいといわれています。

 

ただし、プラチナやゴールドだけでは傷つきやすいので、硬さを強化するために使われる金属がアレルギーを起こしやすい要因となる場合があります。

 

そこで、最近は硬さの強化にアレルギーを起しにくい希少金属(レアメタル)の金属類を使った指輪に注目が集まっています。

 

 

 

主なものは…

 

・チタン

・ジルコニウム

・イリジウム

・ハフニウム

・ニオブ

・タンタル

 

レアメタルではありませんが、ステンレスもアレルギーを起しにくい指輪の素材といわれています。

個人差があるので、上記はあくまでも参考にしてくださいね。

 

 

 

 

◆ アレルギーを起こしやすい素材

 

・ニッケル

・コバルト

・スズ

・バラジウム

・クロム

・銅

・銀

 

 

素材選びは、さまざまな種類に加えて、金属アレルギーについても注意しなければなりません。

 

迷ったり、困ったときはジュエリーショップのスタッフに相談してみましょう。

 

プロならではのアドバイスを提案してくれます。

 

付け心地がよく、長く愛用できる婚約指輪と結婚指輪を見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

広島で婚約指輪(エンゲージリング),    結婚指輪(マリッジリング)をお探しならWAKO BRIDAL(和光ブライダル)

ページの先頭に戻る