結婚式の二次会。やる場合とやらない場合のメリット&デメリット【広島結婚準備】 | WAKO BRIDAL
【結婚式の二次会について】やる場合のメリットと、やらない場合のデメリット。 | 婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報 | 広島で結婚指輪・婚約指輪を探すなら和光ブライダル

広島市本通駅から徒歩3

0120-056-566

メニューを開く
ページの先頭に戻る
広島で婚約・結婚を控えた方に贈る結婚準備ガイド
結婚準備

2020.10.13 1,119 View

【結婚式の二次会について】やる場合のメリットと、やらない場合のデメリット。

ライター

KUMA

KUMA

『くま』です。ウェディング関連のお仕事に長年携わっております。特にフラワーコーディネーターとブライダルエステティシャンとして経験は豊富です。これから結婚する方へ参考になる記事を書いていけるように頑張ります!

広島で幸せな結婚式を終えたら次はカジュアルセレモニーの二次会。

「あなたはする派?しない派?」

結婚式が終わったら次は二次会。
二次会は必ずやりたい!と思っている人もいればどっちでもいい‥、あまりやりたくないな…などカップルの考えはそれぞれですね。

必ずしなければならないわけではないので、悩むところ。
先輩カップルでも意見が分かれているようで、する人、しない人の割合は、半々くらいのようです。

そこで今回は、「二次会をするメリットとデメリット」「二次会をしないメリットとデメリット」をまとめてみました。
ふたりでしっかり考えて参考にしてみてくださいね。

関連記事

【徹底調査】結婚するのに費用は幾らかかるのか?(広島結婚準備ガイド)

結婚式の二次会って?   二次会のメリットとデメリットを考える前に、二次会をする意味について考えてみましょう。 結婚式の二次会は、友人や学生時代の先...

結婚式の二次会って?

 

二次会のメリットとデメリットを考える前に、二次会をする意味について考えてみましょう。

結婚式の二次会は、友人や学生時代の先輩や後輩、会社の同僚などを中心に招いて行われるカジュアルなパーティです。

そもそも披露宴は親族やお世話になった方々に花嫁を披露するという意味合いのものだったのに対して、二次会では友人主導で新郎新婦を祝福しようという場になっています。

 

二次会をする派

やっぱり、人生の晴れ舞台だから、たくさんの人から祝ってもらいたい。

大変だけど二次会をすると決めた場合を考えてみましょう。

 

二次会を行う4つのメリット

ゲストをたくさん呼べる

結婚式で招待できるゲストはどうしても限られてきます。

二次会では、結婚式で招待できなかった人からも祝福してもらうことができます。

特に友人や同僚が多い新郎新婦には嬉しいセレモニーといえます。

 

結婚式の二次会を行うことで故郷の広島を離れていた幼なじみや同級生たちと久しぶりに再会ができるのも嬉しいですね。

二次会に参加した友人も結婚相手と会うことができ、ふたりの幸せな姿を見ることもできます。せっかくなので、この場を借りて、ふたりが選んだ婚約指輪や結婚指輪を披露してもいいかも。アツアツぶりをアピールすれば、一気に盛り上がるのではないでしょうか。

 

ゆっくりゲストと話せる

結婚式では、招待客と歓談できる時間は限られているのでゲストとゆっくり話すことができません。

久しぶりに会った友人ともっとお喋りしたかった‥という新郎新婦も多いのでは。

二次会を利用して、和気あいあい楽しい時間を過ごすことができます。

 

互いの友人を紹介できる

新郎・新婦それぞれの友人たちを一度に紹介できます。

お互いの友人同士が気心知れ、仲良くなってもらえるのも今後のふたりにとって嬉しいことですね。

 

カジュアルなセレモニーができる

披露宴でも余興や楽しい演出はできますが、上司や親族も同席しているので崩しすぎない配慮をしながらのパーティとなります。

二次会では、気を使う相手がいないので、ちょっとハメをはずしたざっくばらんに楽しむことができますね。

 

 

広島で婚約指輪(エンゲージリング),     結婚指輪(マリッジリング)をお探しなら

WAKO BRIDAL(和光ブライダル)

ご来店予約で、広島の『福屋、そごう、三越』などで使える百貨店商品券 3000円分 をプレゼント!

 

 

二次会を行うデメリット

準備が大変

二次会をするには、会場選びや費用、ゲストへの案内など準備が大変です。

また、二次会を取り仕切る幹事を見つけなければなりません。

忙しい結婚式の準備に加えて、さらに時間が必要になります。

 

ゲストへの負担

結婚式が終わってから二次会が始まるまでの時間は約2時間が目安といわれています。

18時に式が終わった場合、二次会スタートは20時。二次会終了時間は22時に…。

ゲストによっては、翌日仕事ということも‥。

また、二次会の多くは会費制で、結婚式から出席している人にとって経済的にも負担になることも多いようです

 

二次会はしない派

では、思い切って二次会をしない、と決めた場合ではどうでしょうか。

 

二次会をしないメリット2つ

結婚式後に余裕の時間がもてる

結婚式当日は朝から挙式・披露宴とスケジュールがびっしり。

慣れないフォーマルなセレモニーはかなり疲れます。

さらにその後、二次会となると、体力はもちろん精神的負担にもなりそう。

二次会をしないカップルは、その後ゆっくり食事をしたり、結婚式の余韻もそのままふたりの時間をのんびり楽しめます

 

ゲストに負担をかけない

広島県以外の遠方から来ている人や、子連れの場合は、二次会を断念する人も多いようです。二次会をしなければ、ゲストに断るストレスを与える必要もありません。

二次会の準備をして、同日は会を進行する責任の重い幹事役を友人に頼む必要がないのもメリットの一つですね。金銭的にも助かるゲストは多いかもしれません。

 

二次会をしないデメリット

招待ゲストが限られる

二次会をしない場合、招待したいゲストが限られてしまいます。

結婚式は人数の制限もあるので、呼びたかったけど招待できなかったというゲストがいると、心残りになるかもしれません。

後悔があると、せっかくの記念すべき特別な日が少しもったいないかも。

 

新郎新婦が別行動に…

結婚式後は参加したゲストがグループで集ることが多いものです。

式後に新郎新婦に予定がない場合、それぞれ友人たちから呼ばれるケースもあり、新郎新婦が別々の行動になってしまいます。

結婚式が終わった後にちょっと寂しいかもしれませんね。

 

 

二次会をする場合、しない場合、それぞれ良い点と悪い点はどちらにもあります。

いずれにしても即決は避けて、結婚式翌日のスケジュールや、ゲストの事情も考慮して後悔が残らないように決めるのがよさそうですね。

 

広島を代表するジュエリーブランド「和光」が贈る、婚約指輪・結婚指輪の専門ブランドWAKO BRIDAL (和光ブライダル)

ご来店予約で、広島の『福屋、そごう、三越』などで使える百貨店商品券 3000円分を プレゼント!

ページの先頭に戻る