【海外で人気の婚約指輪】ダイヤモンドのプリンセスカット その魅力 | WAKO BRIDAL
【海外で人気の婚約指輪】ダイヤモンドのプリンセスカット その魅力 | 婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報 | 広島で結婚指輪・婚約指輪を探すなら和光ブライダル

広島市本通駅から徒歩3

0120-056-566

メニューを開く
ページの先頭に戻る
広島で婚約・結婚を控えた方に贈る結婚準備ガイド
婚約指輪(エンゲージリング)

2019.10.13 771 View

【海外で人気の婚約指輪】ダイヤモンドのプリンセスカット その魅力

ライター

HARU

HARU

ハルです。皆さんご存知の結婚情報誌ゼ○○ーで記者を10年しておりました。現在はフリーで結婚専属ライターをしてます。 ラブストーリーの映画を観ることが楽しみの一つです! 結婚1年目の新婚なので、先輩花嫁としてアドバイスができればと思います。

婚約指輪の断トツ人気はダイヤモンドのリングですね。

ダイヤモンドの指輪を選ぶときに、カラット(重さ)・クラリティ(透明度)・カラー(色)の品質にこだわることに加えて、美しく輝くカット(プロポーション)かどうかも確認することが大切です。

このカットは職人の技によって、ダイヤモンドがもつ輝きが引き出されます。
また、ダイヤモンドのカットのスタイルにより印象も変わってきます。

一番多く流通しているのが円形のラウンドブリリアンカットで、次いで人気の高いのがプリンセスカットです。

このプリンセスカットですが興味を引くネーミングですね。いったいどんなダイヤモンドカットなのでしょうか。

今回はこの心惹かれる名前が付いたダイヤモンドカットについてご紹介していきましょう。

関連記事

【婚約指輪と結婚指輪】ジュエリーデザイナーが教える人気のデザインと選び方

プリンセスカットとは   プリンセスカットとは、ダイヤモンドのカットする手法のひとつです。 ダイヤモンドは不純物など内包物がなく無色透明な石で、きれ...

プリンセスカットとは

星海 seikai

 

プリンセスカットとは、ダイヤモンドのカットする手法のひとつです。

ダイヤモンドは不純物など内包物がなく無色透明な石で、きれいな輝きをもちますが、カットによってその輝きは大きく異なってきます。

 

プリンセスカットはよく見かける丸いラウンドタイプではなく、四角いスクエアの形をしたダイヤモンドです。

 

美しいモザイクのような模様に見えるのが魅力のひとつといえます。

 

原石の厚みを活かした手法で、ほかのカットと比べてみると研磨によるロスが少ないので、ダイヤモンドを最大限に楽しめるデザインです。

 

ひとつ例をあげてみます。

 

1.5カラットのダイヤモンドの原石の場合、ラウンドブリリアンカットに研磨すると0.7カラットほどになります。

一方、プリンセスカットでは、1カラットほどの大きさになるそうです。

 

特に小粒のダイヤモンドを並べて使うデザインでは、四角いカットなので無駄なく隙間を埋めることができます。

星海 seikai ギャラリー写真

厚みがある分、かなり細かく繊細で、カット数も数多くなりますが、その複雑なカットにより独特な反射を生み、華やかで上品な輝きを放つことでできるのです。

 

さらに、シンチレーションと呼ばれる上からみた場合の光とブリリアンシーといわれている目線を移動したときにキラキラと輝く光とのバランスのよさもプリンセスカットの魅力といえます。

 

 

広島を代表するジュエリーブランド「和光」が贈る、婚約指輪・結婚指輪の専門ブランドWAKO BRIDAL (和光ブライダル)

ご来店予約で、広島の『福屋、そごう、三越』などで使える百貨店商品券 3000円分 をプレゼント!

 

その由来は

 

ダイヤモンドのカットの歴史からみて、プリンセスカットは比較的新しく、1970年代に登場しました。

 

そのネーミングですが、繊細で美しいカットから「プリンセスのような気品が備わった女性にこそふさわいい」といわれているところから名前がついたようです。

 

プリンセスカットは20世紀に発明されたダイヤモンドのカット方法の中で、最も成功したと言われています。

そして「プリンセス」は王女や王妃などお姫様の意味をもっているので、素敵な名前とともに世界中に広まったようです。

 

特にアメリカではプリンセスというネーミングから婚約者に贈るリングとして人気となり、日本でも婚約指輪としてプリセスカットの指輪が選ばれるようになりました。

 

注意したいこと

星海 seikai

カット面が多くモザイクのような美しい反射を描くプリンセスカットですが、残念ながら気をつける点もあります。

 

細かくカットするために、どうしてもエッジが欠けやすくなります。

そのため、取り扱いには注意が必要になってくるのです。

ダイヤモンドの指輪をつけているときはぶつけないよう配慮しなければなりません。

 

また、石を留める爪が曲がったり折れているとダイヤモンドの固定が緩みます。緩んでしまうと、ダイヤモンドがずれてしまいキズついてしまったり、欠ける原因にもなるので、定期的に購入した宝飾店でチェックをしてもらったほうがいいですね。

 

少しでも 欠けてしまうと、欠けた部分が鋭くとがってしまい、さらに欠けやすくなります。ですので、欠けてしまったら、必ず修理してから指にはめるようにしましょう。

 

プリンセスカットのダイヤモンドを購入するときは、その後のメンテナンスが必要になってくるので、選ぶときにそのあたりも考慮して決めるようにすることをおすすめします。

 

おすすめはプリンセスカットのダイヤ

ダイヤのカットで一番多く、流通しているのはラウンドブリリアンカットです。それ以外のカットをしたものをファンシーカットといいますが、その中で人気なのがプリンセスカットです。

 

個性があり、華やかなプリンセスカットのダイヤモンドは、「他の人とは違うとっておきの婚約指輪がほしい」という女性にふさわしいリングです。

 

そんな女性の要望に応えるためティファニーをはじめ多くの高級ブランドもプリンセスカットをほどこした指輪を用意しています。

 

広島のジュエリーブランド『WAKO』でも多数のダイヤモンドをお取扱いしております。

 

ダイヤモンドのカットにはさまざまな方法がありますが、プリンセスカットは高貴な輝きをもっています。

 

友人や知人とは違うデザインの婚約指輪を身につけたい女性にぴったりなダイヤモンドといえます。

 

プリンセスと付いたネーミングも素敵ですが、カットが細かくバランスのよい上品な輝きも心惹かれますね。ただし、繊細なカットゆえ欠けやすいので、ぶつけないよう大切に使うことが前提になります。

 

ダイヤモンドを固定している爪の部分に損傷がないかどうか定期的にチェックし、 欠けた場合は修理してはめるといった注意点を守って、大切な婚約指輪を末永く身につけられるようにしてくださいね。

 

 

広島で婚約指輪(エンゲージリング),     結婚指輪(マリッジリング)をお探しなら

WAKO BRIDAL(和光ブライダル)

ご来店のご予約はこちらから↓

ページの先頭に戻る